視覚システムとそのダイナミクス

‘視覚ダイナミクス研究グループ’では、人間の視覚の仕組みを心理物理実験やfMRIやMEGといった脳イメージング技術を用いて研究しています。特に、 視覚のダイナミクス、人間が外界を理解する仕組み、認識や意識と関連の深い注意のメカニズムの解明に取り組んでいます。

人を助けるインターフェースへの応用をめざして

人間の注意や意識の仕組みが脳活動レベルでわかってくれば、逆に脳活動をモニターすることで、注意の方向や準備の状況、人間の意図などを推定す ることが可能となってきます。このような知見を活かし、人それぞれにとって ”ちょうど良い時に、ちょうど良い場所に”必要な情報 が提供され、その人のパフォーマンスの向上を支援するようなインタフェースの構築を目指して、当研究を進めています。

注意の仕組みを探る

注意を、’ある空間’や’ある 特徴’に向けている時の脳活動を計測し、そのメカニズムを解明しています。

図1 視覚情報処理を行っている脳の部位

1.空間への注意

脳活動計測の結果、空間のある場所に注意を移動させると、注意を向けていない場合に比べて、低次視覚皮質(図1・緑の部分)の対応した領域のア ルファー帯域の活動が刺激提示の前から非同期的になることがわかってきました (図2)。


図2

これはやがて提示される視覚刺激に対する準備活動だと考えられます. また、この準備活動が顕著な人ほど、次に提示される視覚刺激の判別成績がよいこともわかってきています (図3)。


図3

2.特徴(色や動きなど)への注意

注意を色や動きなどの特徴に向けると、視覚野の色を処理する領域(図1・赤部分),動きを処理する領域(図1・青部分)が,それぞ れ刺激が提示される前から活動することも分かってきました (図4)。 これもやがて提示される視覚刺激に対する準備活動だと考えられます。


図4

研究に携わる人々

山岸典子
マシュー デ・ブレクト
山下宙人
吉岡琢
武田祐輔

<共同研究者>
Daniel E. Callan
Stephen J. Anderson (Aston University)
Takeo Watanabe(Boston University)

関連リンク

JSTさきがけ 情報と人
山岸主任研究員 さきがけ 個人ページ