研究業績

査読付き誌上発表論文/Jornal articles

  • Samek, W., Vidaurre, C., Müller, K. R., Kawanabe, M., “Stationary common spatial patterns for brain-computer interfacing”, Journal of Neural Engineering Vol.9, No.2, 026013 (2012.2.20)
  • Oztop, E., Kawato, M., Arbib, M. A., “Mirror neurons: functions, mechanisms and models”, Neuroscience Letters vol.540 pp.43-55 (2013.4.12)
  • Samek, W., Kawanabe, M., Mueller, K. R., “Divergence-based Framework for Common Spatial Patterns Algorithms”, IEEE Reviews in Biomedical Engineering Vol.7, pp.50-72 (2013.11.12)
  • Kawanabe, M., Samek, W., Mueller, K., Vidaure, C., “Robust common spatial filters with a maxmin approach”, Neural Computation Vol.26, No.2, pp.349-376 (2014.2.1)
  • 竹内 亨、坂野 遼平、馬越 健治、兼村 厚範、川鍋 一晃、川野 哲生、神林 隆、武本 充治、松尾 真人、柿沼 隆馬、“エージェントベース分散処理基盤の提案とBMI応用サービスへの適用による評価”、情報処理学会論文誌 vol.55, no.2, pp.681-694 (2014.2.15)
  • Morioka, H., Kanemura, A., Morimoto, S., Yoshioka, T., Oba, S., Kawanabe, M., Ishii, S., “Decoding spatial attention by using cortical currents estimated from electroencephalography with near-infrared spectroscopy prior information”, NeuroImage Vol.90, pp.128-139 (2014.4.15)
  • 平山 淳一郎、石井信、“潜在空間モデリングによる時系列からの再構成”, 電子情報通信学会誌 Vol.97, No.5, pp.399-404 (2014.5.1)
    [15] Lisi, G., Noda, T., Morimoto, J., “Decoding the ERD/ERS: influence of afferent input induced by a leg assistive robot”, Frontiers in Neuroscience Vol.8, Article85, pp.1-12 (2014.5.4)
  • Ugur, E., Nagai, Y., Celikkant, H., Oztop, E., “Parental scaffolding as a bootstrapping mechanism for learning grasp affordances and imitation skills”, Robotica DOI:10.1017/S0263574714002148 (2014.8.19)
  • Morioka, H., Kanemura, A., Hirayama, J., Shikauchi, M., Ogawa, T., Ikeda, S., Kawanabe, M., Ishii, S., “Learning a common dictionary for subject-transfer decoding with resting calibration”, NeuroImage No.111, pp.167-178 (2015.2.15)
  • Singh, A. K, Asoh, H., Takeda, Y., Phillips S., “Statistical detection of EEG synchrony using empirical bayesian inference”, PLoS ONE Vol.10, issue3, e0121795 (2015.3.30)
  • Fukuda M., Yamashita, A., “Functional MRI neurofeedback training on connectivity between two regions induces long-lasting changes in intrinsic functional network”, Frontiers in Human Neuroscience Vol.9, Article No. 160 (2015.3.30)
  • Hirayam, J., Ogawa, T., Hyvarinen, A., “Unifying Blind Separation and Clustering for Resting-State EEG/MEG Functional Connectivity Analysis”, Neural Computation in press (2015.5)
  • Ugur,E., Nagai,Y., Sahin, E., Oztop,E., “Staged development of robot skills: Behavior formation, affordance learning and imitation with motionese”, Transactions on Autonomous Mental Development(2015.4.22)
  • Hosoya,H., Hyvarinen,A., “A hierarchical statistical model of natural images explains tuning properties in V2”, Neuroscience, Vol.35, No.29, pp.10412-10428 (2015.7.22)
  • Hosoya,H., Hyvarinen,A., “Learning Visual Spatial Pooling by Strong PCA Dimension Reduction”, Neural computation,doi:10.1162/NECO_a_00843 (2016.5.12)

査読付き口頭発表論文/Reviewed presentations

  • 兼村 厚範、“統計的画像処理におけるモデリングの方向性について”、 人工知能学会 第87回 人工知能基本問題研究会、p.25、慶應大学日吉キャンパス (横浜市、神奈川県) (2012.11.17)
  • Hirayama, J., Hyvarinen, A., Ishii, S., “Sparse and low-rank constraints for estimating time-varying network structures”, 第3回 Latent Dynamics Workshop, 予稿集 pp.17-19, 東京大学 (文京区、東京都) (2012.9.24)
  • Ugur, E., “Self-discovery of motor primitives and learning grasp affordances”, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.3260-3267 (Vilamoura, Portugal) (2012.10.7-10.12)
  • Singh, A., Ogawa, T., Hirayama, J., Maruyama, M., Kawanabe, M., Ishii, S., “Spatio-temporal and cortical characterization of EEG changes during motor imagery”, 6th Congress of Neuroinformatics, pp.150-151, Karolinska Inst. (Stockholm, Sweden) (2013.8.27-8.29)
  • Hosoya, H., Hyvarinen, A., “Four-layer sparse coding model of natural images that reproduces tuning properties in V1, V2 and V4”, Computational and Systems Neuroscience, p.145, II-77 (Salt Lake City, USA) (2014.2.27-3.2)
  • Samek, W., Mueller, K. R., Kawanabe, M., “Robust common spatial patterns by minimum divergence covariance estimator”, IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, pp. 2059-2062 (Florence Italy) (2014.5.4-5.9)
  • Abdur-Rahim, J. A, Ogawa, T., Hirayama, J., Ishii, S., “Database-driven artifact detection method for EEG systems with few channels”, IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference, pp.5-7 (Lausanne, Switzerland) (2014.10.22-10.24)
  • Yano, K., Ogawa, T., Kawanabe, M., Suyama, T., “On-line hand gesture recognition to control digital TV using a boosted and randomized clustering forest”, 10th International Conference on Computer Vision Theory and Applications, p.107 (Berlin, Germany) (2015.3.11-3.14)
  • Ogawa, T.,Hirayama, J., Guputa, P., Moriya, H., Yamaguchi, S., Ishikawa, A., Inoue, Y., Kawanabe, M., Ishii, S., “Brain-machine interfaces for assistive smart homes: a feasibility study with wearable near-infrared spectroscopy”, 37th Annual International Conferece of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (Milan, Italy) (2015.8.25-8.29)
  • Kong, Q., Maekawa.T., Miyanishi.T., Suyama.T.,“Selection method for Electric appliances based on the context using GoogleGlass”,第47回情報処理学会ユビキタスコンピューシングシステム研究会,Vol.2015-UBI-47, No.21, pp.1-8 (立命館大学 大阪いばらぎキャンパス)(2015.7.27-7.28)
  • Miyanishi,T., Hirayama,J., Kong, Q., Maekawa, T., Moriya, H., Suyama, T., “Egocentric video search via physical interactions”, 30th AAAI Conference on Artificial Intelligence(AAAI2016) (Phoenix, USA)(2016.2.12-2.17)
  • 守谷 大樹, “機械学習を利用した情動の心理生理学研究”,第34回日本生理心理学会大会, (名古屋大学, 愛知県)(2016.5.14-5.15)

その他の誌上発表/Other articles

  • 竹内 亨、石井 信、川野 哲生、“JGN-Xを活用した研究開発成果の事例 ~ネットワーク型BMIプロジェクトにおける分散管理・処理基盤の研究開発~”、JGN-XのHP等(NICT) (2013.5.17)
  • 竹内 亨、石井 信、川野 哲生、“JGN-Xを活用した研究開発成果の事例 ~ネットワーク型BMIプロジェクトにおける分散管理・処理基盤の研究開発~”、JGN-XのHP等(NICT) (2013.6.20)

口頭発表/Congress/Presentations

  • 石井 信、“ネットワーク社会のブレインマシンインターフェース”、 電子情報通信学会通信ソサイエティ総会 招待講演、北海道大学 (札幌市、北海道) (2011.09.13-9.16)
  • 石井 信、“ネットワーク型ブレインマシンインターフェースに向けて”、 第34回日本神経科学大会 (横浜市、神奈川県) (2011.9.14-9.17)
  • 兼村 厚範、森本 智志、川鍋 一晃、“ネットワーク型ブレインマシンインターフェース プロジェクト”、 ATRオープンハウス2011 (相楽郡、京都府) (2011.11.11-11.12)
  • 石井 信、 “ネットワーク型BMIによるイノベーション創成”、ATRオープンハウス2011 (相楽郡、京都府) (2011.11.11-11.12)
  • 石井 信、兼村 厚範、“日常生活の支援を目指すネットワークBMI”、 第4回脳プロ公開シンポジウム, 学術総合センター (千代田区、東京都) (2012.2.4)
  • Ishii, S., “Toward brain machine interface in real environments”, 4th International Symposium on Brain and Cognitive Engineering, invited (Seoul, Korea) (2012.5.31-6.01)
  • Fukushima, M., Yamashita, O., Kanemura, A., Ishii, S., Kawato, M., Sato, M., “A state-space modeling approach for reconstructing the spatially focal and temporally smooth current sources using the spatially inhomogeneous dynamical model”, 18th International Conference on Biomagnetism (Paris, France) (2012.8.28)
  • Singh, A. K., Takeda, Y., Asho, H., Philiips, S., “Empirical bayes inference for analyzing functional connectivity from EEG data”, 第35回日本神経科学大会 (名古屋市、愛知県) (2012.9.18-9.21)
  • 石井 信、 “Toward brain machine interface in real environment”、 第35回日本神経科学大会 (名古屋市、愛知県) (2012.9.18-9.21)
  • 石井 信、 “BMIスマートハウス〜ブレインマシンインタフェースによる生活支援”、 ATRオープンハウス2012, 研究開発講演 (相楽郡、京都府) (2012.11.8-11.9)
  • 平山 淳一郎、森本 智志、 丸山 雅紀、 “脳活動から手の動きを解読予測する手法”、 ATRオープンハウス2012 (相楽郡、京都府) (2012.11.8-11.9)
  • 川鍋 一晃、兼村 厚範、 小川 剛史、 Ugur Emre、 Singh Archana、 Abdur-Rahim Jamilah、 Ahamed Toshif、 “ネットワーク型BMIによる実環境BMIシステムの開発”, ATRオープンハウス2012 (相楽郡、京都府) (2012.11.8-11.9)
  • 森岡 博史、兼村 厚範、 川鍋 一晃、 吉岡 琢、 森本 智志、 石井 信、 “NIRSを事前情報としEEGから推定された皮質電流からの空間注意のデコーディング”、 脳と心のメカニズム第13回冬のワークショップ (ルスツ、北海道) (2013.1.9-1.11)
  • 鹿内 友美、石井 信、 “三次元ナビゲーション環境におけるシーン予測のデコーディング”、 脳と心のメカニズム第13回冬のワークショップ (ルスツ、北海道) (2013.1.9-1.11)
  • 石井 信、 “ネットワーク型ブレイン・マシン・インターフェースと一般生活環境への応用可能性”、 低消費電力高圧LSI技術懇談会 招待講演、東京大学生産技術研究所、駒場リサーチキャンパス (目黒区、東京都) (2013.3.11)
  • 鹿内 友美、石井 信、“脳内で予測された次時刻シーンのデコーディング”、 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会、Vol.112, No.480, pp.239-242、玉川大学 (町田市、東京都) (2013.3.15)
  • 川鍋 一晃、 “日常生活支援を目指すネットワーク型ブレインマシンインタフェース”、 第5回 脳プロ公開シンポジウム, 学術総合センター (千代田区、東京都) (2013.2.2)
  • Ishii, S., “Network-based BMI: toward brain machine interface in real environments”, Multimodal Neuroimaging Workshop, UCLA IPAM, invited (Los Angeles, USA) (2013.3.04-3.08)
  • Ugur, E., “Unsupervised discovery of actions and action possibilities”, Mechanisms of Ongoing Development in Cognitive Robotics (Wadern, Germany) (2013.2.10-2.15)
  • Morishige, K., Yoshioka, T., Ishii, S., Sato, M., Kawato, M., “Source separation of cortical and extra-brain source activities in real MEG data during covert pursuit eye movement”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Hirayama, J., Shikauchi, Y., Nakamura, Y., Maeda, S., Takenouchi, T., Kanemura, A., Kawanabe, M., Ishii, S., “Decoding hand movements in everyday activities actions from magnetoencephalography”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Ogawa, T., Azuma, Y., Ishii, S., “Change of brain activity effect from motor imagery training: application for EEG-based brain machine interface”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Singh, A., Ogawa, T., Yoshioka, T., Hirayama, J., Maruyama, M., Kawanabe, M., Ishii, S., “Event related dynamics of EEG oscillations in cued motor imagery”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Hosoya, H., Sasaki, K., Ohzawa, I., “Estimating invariant dimensions in V2”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Ishido, N., Morimoto, S., Kanemura, A., Maruyama, M., Kawanabe, M., Ishii, S., Saruwatari, H., Shikano, K., “An auditory ERP-based BMI for a universal controller in a real environment”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Shikauchi, Y., Ishii, S., “Decoding scene prediction associated with decision making”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Morioka, H., Kanemura, A., Morimoto, S., Yoshioka, T., Kawanabe, M., Ishii, S., “Decoding of spatial attention from cortical currents estimated from EEG with NIRS prior”, 第36回日本神経科学大会,第56回日本神経化学会大会,第23回日本神経回路学会大会 合同大会 (京都市、京都府) (2013.6.20-6.23)
  • Ishii, S., “Brain machine interface and decoding in mobile environments”, Modeling Neural Activity: Statistics, Dynamical Systems, and Networks, invited (Hawaii USA) (2013.6.26-6.28)
  • 石堂 なつみ、小川 剛史、 森本 智志、 兼村 厚範、 丸山 雅紀、 川鍋 一晃、 石井 信、 猿渡 洋、 鹿野 清弘、 中村 哲、 “聴覚注意を用いたブレインマシンインタフェースに関する基礎検討”、 応用音響研究会、北海道医療大学 (石狩郡、北海道) (2013.7.18-7.19)
  • 鹿内 学、水原 啓暁、 “相手の非協調性に関わる脳活動により変化する報酬系領野間の情報伝達”、 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会 徳島大学 (徳島市、徳島県) (2013.7.19-7.20)
  • Kawanabe, M., Abdur-Rahim, J. A., 坂野 遼平, 竹内 亨, 神林 隆, 武本充治, “Novel and innovative R&D making use of brain structures”, 37th Annual International Computer Software & Applications Conference (京都市、京都府) (2013.7.22-7.26)
  • Shikauchi, Y., Ishii, S., “Prediction was predictable from human brain activity in fronto-parietal cortex”, Computational Neuroscience Meeting (Paris, France) (2013.7.13-7.18)
  • 石井 信、 “ネットワーク型ブレイン・マシン・インターフェースと生活支援への応用”、 第1回医工連携人材育成セミナー、招待講演 京都大学 (京都市、京都府) (2013.9.16)
  • 川鍋 一晃、鹿内 学、 石井 信、 “日常生活の支援を目指すネットワーク型ブレインマシンインタフェース”、 脳プロ公開シンポジウム (名古屋市、愛知県) (2013.9.14)
  • Maruyama, M., “Integration of reward and pain in pavlovian and instrumental decision-making”, 8th Congress of the European Federation of IASP Chapters (Florence, Italy) (2013.10.9-10.12)
  • 小川 剛史、鹿内 学、 Abdur-Rahim Jamilah、 矢野 憲、Gupta Pankaji、 川鍋 一晃、 石井 信、 “日常的環境における生活支援の実現に向けたネットワーク型BMI (BMIハウス一般公開)”、 ATRオープンハウス2013 (相楽郡、京都府) (2013.11.7-11.8)
  • 森岡 博史、川鍋 一晃、 平山 淳一郎、 丸山 雅紀、 鹿内 学、 “NIRS-EEGによる空間注意の識別”、 ATRオープンハウス2013 (相楽郡、京都府) (2013.11.7-11.8)
  • 川鍋 一晃、平山 淳一郎、 森岡 博史、 丸山 雅紀、 鹿内 学、 “日常環境におけるネットワーク型BMI”、 ATRオープンハウス2013 (相楽郡、京都府) (2013.11.7-11.8)
  • Abdur-Rahim, J. A., “BMI House” 、 国際サイエンスカフェ「最先端脳科学テクノロジー」、招待講演 (大阪市、大阪府) (2013.11.18)
  • Kanemura, A, Morales-Saiki, L. Y., Kawanabe, M., Morioka, H., Kallakuri, N., Ikeda, T., Miyashita, T., Hagita, N., Ishii, S., “A waypoint-based framework in brain-controlled smart home environments: brain interfaces, domotics, and robotics integration”, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Tokyo Big Site, (Kotoku, Tokyo) (2013.11.3-11.7)
  • Kawanabe, M., Kanemura, A., Morales-Saiki, L. Y., Morioka, H., Kallakuri, N., Ikeda, T., Miyashita, T., Hagita,N., Ishii, S., “A Waypoint-based Framework and Data-driven Decoder for Brain-Machine Interface in Smart Home Environments”, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, invited, Tokyo Big Site, (Koto-ku, Tokyo) ( 2013.11.3-11.8)
  • Maruyama, M., Yoshida, W., Ishii, S., Seymours, B., “Integration of appetitive and aversive values in decision making: An fMRI study”, Society for Neuroscience 43rd Annual Meeting (San Diego, USA) (2013.11.9-11.13)
  • Shikauchi, M., Mizuhara, H., “Brain activity by selfish partner dynamically modulates the reward-related cortical network”, Society for Neuroscience 43rd Annual Meeting (San Diego, USA) (2013.11.9-11.13)
  • 鹿内 友美、石井 信、“fMRI 脳活動からprior beliefを読み出す”、 脳と心のメカニズム 第14回冬のワークショップ (ルスツ、北海道) (2014.1.8-1.9)
  • 小山田 創哲、鹿内 友美、 石井 信、“大規模fMRIデータベースからの脳活動表現の学習”、 脳と心のメカニズム 第14回冬のワークショップ (ルスツ、北海道) (2014.1.8-1.9)
  • Kawanabe, M., “Robust feature construction against non-stationarity for EEG-BMI decoders”, 2nd International Winter Workshop on Brain-Computer Interface, invited (High1 Resort, Korea) (2014.2.17-2.19)
  • 川鍋 一晃、“脳情報解読技術の未来と情報通信分野への展開”、第31回情報処理通信学会大会 シンポジウム, 大阪大学中之島センター (大阪市、大阪府) (2014.6.28)
  • Hirayama, J., Ogawa, T., Hyvarinen, A., “Simultaneous blind separation and clustering of coactivated EEG/MEG sources for analyzing spontaneous”, 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (Chicago, USA) (2014.8.26-8.30)
  • 石井 信、“データベースに基づくブレイン・マシン・インタフェース”、第37回日本神経科学大会サテライトシンポジウム 「脳情報の産業応用に向けた動向と社会基盤整備」(横浜市、神奈川県) (2014.9.10)
  • Ogawa,T., Gupta, P., Abdur-Rahim, J.A., Yano, K., Morioka, H., Hirayama, J., Yamaguchi, S., Ishikawa, A., Inoue, Y., Kawanabe, M., Ishii, S., “Decoding daily-life behavioral signatures in the real environment: portable NIRS signal using behavior labels”, 第37回日本神経科学大会 (横浜市、神奈川県) (2014.9.11-9.13)
  • Abdur-Rahim, J.A., Ogawa, T., Kawanabe, M., Ishii, S., “Exploring the role of eye blinking in terms of attention/arousal: a method to quantify a person’s mental”, 第37回日本神経科学大会 (横浜市、神奈川県) (2014.9.11-9.13)
  • Morioka, H., Kanemura, K., Hirayama, J., Shikauchi, M., Ogawa, T., Ikeda, S., Kawanabe, M., Ishii, S., “Subject-independent BMI through sparse learning of spatial bases common across sessions and subjects”, 第37回日本神経科学大会 (横浜市、神奈川県) (2014.9.11-9.13)
  • Morales-Saiki, L. Y., Abdur-Rahim, J. A., Even, J., Watanabe, A., Kondo, T., Hagita, N., Ogawa, T., Ishii, S., “Modeling of Human Velocity Habituation for Robotic Wheelchair”, IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Madrid, Spain) (2014.9.14 to 9.18)
  • Morioka, H., Kanemura, A., Hirayama, J., Ogawa, T., Ikeda, S., Kawanabe, M., Ishii, S, “Subject-independent decoding from EEG through sparse learning of spatial bases common across sessions and subjects”, Advance in Neuroinformatics 2014 (Wako, Saitama) (2014.9.25-9.26)
  • 川鍋 一晃、“ブレイン・マシン・インタフェースのための非定常性に対してロバストな脳波特徴量の構築法について”、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科セミナー (能美市、石川県) (2014.10.17)
  • 川鍋 一晃、“日常環境ブレイン・マシン・インタフェースのための脳情報解読法について”、NAISTゼミナール, 奈良先端科学技術大学院大学 (生駒市、奈良県) (2014.10.22)
  • 須山 敬之、“脳の仕組みを活かしたイノベーション 〜ブレイン・マシン・インタフェース”、社会イノベーション Smart City Week 2014 (横浜市、神奈川県) (2014.10.31)
  • 須山 敬之、川鍋 一晃、 Abdur-Rahim, J.A.、“ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース 〜日常的環境における生活支援の実現に向けたBMI”、ATRオープンハウス2014 (相楽郡、京都府) (2014.11.6-11.7)
  • 平山 淳一郎、西 大樹、 矢野 憲、“脳波の共活性成分分析 〜BMIに関連した脳活動状態の発見・抽出〜”、ATRオープンハウス2014 (相楽郡、京都府) (2014.11.6-11.7)
  • Ogawa, T., Gupta, P., Yano, K., Abdur-Rahim, J. A., Morioka, H., Hirayama, J., Yamaguchi, S., Ishikawa, A., Inoue, Y., Kawanabe, M., Ishii, S., “Decoding daily behaviors from NIRS signatures by using a portable NIRS device in the daily-life”, Society for Neuroscience 44th Annual Meeting (Washington DC, USA) (2014.11.15-11.19)
  • Oztop, E., “Action understanding and generation”, Turkish German Multimodal Interaction Summit (Istanbul, Turkey) (2014.11.11)
  • Ishii, S., “Data-driven brain computer interface in real environments”, 3rd International Winter Conference on Brain-Computer Interface 2015, invited (High1 Resort, Korea) (2015.1.12-1.14)
  • 石井 信、須山 敬之、川鍋 一晃、“日常生活の支援を目指すネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース”、第7回脳プロ公開シンポジウム「育ち・暮らし・老い」学術総合センター (東京都) (2015.2.7)
  • Ishii, S., “Data-driven brain decoding techniques”, 10th AEARU Workshop on Computer Science and Web Technology 2015, Tsukuba University, invited (筑波市、茨城県) (2015.2.25-2.27)
  • 守谷 大樹、鹿内 学、平山 淳一郎、小川 剛史、石井 信、“電気生理学的指標を用いた情動識別の比較”、第33回 日本生理心理学会大会(大阪府)(2015.5.23-24)
  • 守谷 大樹、“脳波を用いた情動解読研究:実環境と実験室における検証”、「実環境応用を志した情動の心理生理学・神経科学研究」国立研究開発法人産業技術総合研究所人間情報部門情報数理研究グループ(つくば市、茨城県)(2015.6.18)
  • 小川 剛史、“実生活空間に広がるBMI技術とその応用”、日本認知心理学会第13回大会(東京都)(2015.7.4−7.5)
  • 宮西 大樹、“人間の視覚記憶拡張に向けた一人称始点映像の検索”、人工知能ゲストレクチャー 甲南大学(兵庫県)(2015.7.6)
  • Kanemura, A.,“Measuring unconstrained human activities in daily life”, 第6回新潟大学脳研究所共同研究拠点国際シンポジウム (新潟県)(2015.7.25-7.27)
  • Hosoya, H., “Understanding representations in visual cortex with hierarchical statistical models of natural images”, 第6回新潟大学脳研究所共同研究拠点国際シンポジウム (新潟県)(2015.7.25-7.27)
  • 孔 全、前川 卓也、宮西 大樹、須山 敬之、“GoogleGlassを用いたコンテキスト情報に基づく屋内電化製品選択手法の提案”, 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第47回研究発表会(大阪府)(2015.7.27-7.28)
  • Yano, K., “Building dense 3D maps of indoor environments from kinect RGB-D images”, 第18回画像の認識・理解シンポジウム (大阪府)(2015.7.28−7.30)
  • 須山 敬之、“実生活環境におけるブレイン・マシン・インターフェイスの実現に向けて”、センシング技術応用研究会第192回研究例会 (大阪府)(2015.9.4)
  • Ogawa,T., Hirayama,J., Gupta,P., Abdur-Rahim,J., Moriya,H., Yano,K., Kawanabe,M., Ishii,S., “An application of NIRS-based brain machine interface in the realistic environment: supporting appliance control with online single-trial decoding”, 第38回日本神経科学大会(Neurosience2015),1O07-3-4 (神戸国際会議場, 兵庫県)(2015.7.28)
  • 川鍋 一晃、小川 剛史、守谷 大樹、宮西 大樹、矢野 憲、須山 敬之、“ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース〜日常的環境における生活支援の実現に向けたBMI〜”, ATRオープンハウス2015 (京都府)(2015.10.29-10.30)
  • Miyanishi,T., Akasaki,T., “Construction of a system for managing and reuse the physiological data with various modalities”, 新学術領域「非線形 発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解」神経データ解析ワークショップ (京都大学附属病院)(2016.2.22)
  • Hosoya, H., Hyvarinen, A., “Hierarchical sparse coding model and shape representation in V4”, Society for Neuroscience 45th Annual Meeting(Neuroscience2015), (Chicago, USA)(2015.10.17-10.21)
  • Kawanabe, M., “On possibilities and difficulties in adaptive brain-computer interface in real environments”,Germany-Japan Adaptive BCI Workshop, 京都大学 (2015.10.28-10.29)
  • 宮西 大樹,平山 淳一郎,前川 卓也,孔 全,守谷 大樹,須山 敬之,“環境との相互作用を用いた一人称視点映像の検索”,情報処理学会第78回全国大会, (慶應義塾大学,神奈川県) (2016.3.10-3.12)
  • 川鍋 一晃, “ブレイン・マシン・インタフェース”,公益社団法人日本磁気学会 第4回岩崎コンファレンス
    「医工学とビッグデータが拓く医療の未来」, 招待講演, (中央大学駿河台記念館, 東京都) (2016.5.16-5.17)
  • 須山 敬之, “日常生活の支援を可能とするネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェースの研究開発”, 招待講演, 電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN), (構造計画研究所,東京都) (2016.5.12-5.13)

受賞/Award

  • Morioka, H., Best Poster Award of the10th AEARU Workshop on Computer Science and Web Technology, “Subject-transfer decoding by learning a common dictionary from multisubject dataset”, 2014.2.25

以前の出版物

DBI設立(2010年)以前の出版物については、DBIの分派元であるCBIのページをご参照ください。