ようこそ、動的脳イメージング研究室へ

動的脳イメージング研究室(DBI)では、統計科学と大規模計算科学を用いて非侵襲脳活動推定に基づく動的脳イメージング手法の確立をめざすとともに、日中の見守りや介護が必要な方々の自立的な日常生活を支援する「ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース(BMI)」の開発を進めています。またこれらの研究開発を通じて、これまでの制約の大きい実験室環境下では研究できなかった日常生活における自律的な行動や認知の神経基盤に迫ります。
  
研究テーマ

  • ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース
     

  • 脳活動を用いた手指運動の再現
     

  • BMIを用いたヒトの高次認知機能の研究
     

  • 実環境BMIのためのアーチファクト除去・脳情報解読法
     

  • 大規模脳活動データベースとそれを利用した脳情報解読法
     

  • Independent Component Analysis (ICA) and unsupervised machine learning
     

  • ベイズ理論と自然画像統計による視覚皮質のモデルと解析

 

img
実環境実験施設(BMIハウス)
img
実環境実験施設(BMIハウス)での実験の様子