脳の機能を本当に理解しようとすれば、脳を、さらには人を作らないといけないというのが、本講座の基本的な考え方である。感覚、運動、コミュニケーション、情動、言語などあらゆる脳機能を、情報処理の観点から明らかにするために、神経生理学、心理学、脳活動非侵襲計測、ロボティックスなど実験的な手法を、計算理論的な枠組で有機的に統合する。世界的にも計算論的神経科学の一大中心であると注目されているATRの恵まれた環境で、最先端の大胆な研究を目指す。