受賞

川人所長がC&C賞を受賞することとなりました

川人所長がC&C賞を受賞することとなりました。同賞は、C&C技術分野、すなわち情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこられの融合する技術分野の開拓または研究、あるいはこの分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し顕著な貢献のあった人を顕彰するものです。受賞概要はこちらをご覧下さい。

川人所長が日本神経回路学会学術賞を受賞しました

9月22日に川人所長が日本神経回路学会学術賞を受賞しました。同賞は、特に優秀な研究論文の公刊によって,長年に亘って神経回路学分野の発展に貢献した研究者に贈呈されるものです。学会による受賞概要はこちらをご覧ください。

高木優さん IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter, Young Researcher Awardを受賞

3月13日、連携実習生の高木優さんが、IEEEコンピューテーショナル・インテリジェンス日本支部によるYoung Researcher Awardを受賞しました。

受賞対象:ヒト機能的MRIを用いた不安に関わる全脳機能的結合の同定
概要:IEEE CISJの領域に関連の深い研究会・シンポジウムにて35歳以下の若手研究者の中から優れた論文発表者でかつ第一著者を年間通して数名表彰するもの。

神谷室長 第33回大阪科学賞を受賞

神谷室長が第33回(平成27年度)「大阪科学賞」を受賞しました。詳細はこちらをご覧下さい。
受賞式記念講演会は平成27年10月28日(水)です。

神谷之康氏
(ATR脳情報通信総合研究所脳情報研究所神経情報学研究室 客員室長/京都大学大学院情報学研究科 教授)(45歳)
受賞対象となった研究 「脳情報デコーディング法の開発と夢の解読」

高木学外実習生が日本神経回路学会大会奨励賞を受賞

高木優学外実習生による発表Neural link between obsessive compulsive disorder and delay discountingが2014年日本神経回路学会大会奨励賞を受賞しました。この賞は、平成26年度日本神経回路学会年次大会にて発表された研究のうち、これまでに受賞経験の無い35歳以下の若手5名以下に与えられる賞です。当該年度は2名が選出されました。

堀川研究員らが日本神経回路学会論文賞を受賞

堀川研究員、玉置研究員(現在ブラウン大学)、宮脇研究員(現在電気通信大学)、神谷室長らによる論文 Neural decoding of visual imagery during sleep, Science vol.340, pp.639-642, 2013が2014年日本神経回路学会論文賞を受賞しました。この賞は、表彰の時期の前年の12月までの1年間に発表された、すべての査読つき論文誌に発表された論文のうち特に優秀なものを選び、その著者に贈呈されるものです。

神谷室長がThe 2014 World Technology Awardsのfinalistに

TIMEおよびFortuneによるThe 2014 World Technology Awardsが発表され、「HEALTH & MEDICINE」分野のFinalistとして神谷之康室長が選ばれました。このうち、winnerは11月14日のセレモニーで発表される予定です。
詳細は、こちらをご参照下さい。

神谷之康室長、第10回(平成25年度)日本学術振興会賞を受賞

神経情報学研究室の神谷之康室長が、第10回(平成25年度)日本学術振興会賞を受賞いたしました。本賞は、将来の学術研究のリーダーとして活躍することが期待される、創造性に富み優れた研究能力を有するフレッシュな研究者をいち早く顕彰することにより、若手研究者の研究意欲を高め、研究の発展を支援することを目的とするものです。
なお、受賞式は平成26年2月10日(月)に日本学士院において行われます。

対象となった研究業績「脳情報デコーディング法の開発}
詳細はこちらをご参照下さい
http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/ichiran_10th.html

Oztop研究員らの論文、Neuroscience Lettersのmost downloaded paper にランクイン

下記の論文が、Neuroscience Lettersの”The most downloaded articles from ScienceDirect in the last 90 days”にランクインしました。くわしい情報は下記のサイトを御覧ください。

Oztop E, Kawato M, Arbib MA: Mirror neurons: functions, mechanisms and models, Neuroscience Letters, 540, 43-55 (2013)

The most downloaded articles from ScienceDirect in the last 90 days
http://www.journals.elsevier.com/neuroscience-letters/most-downloaded-articles/

川人光男所長 平成25年春の褒章 紫綬褒章を受章

4月28日付けで平成25年春の褒章受章者が発表され、川人光男所長が、脳神経科学研究への貢献により、紫綬褒章を受章することとなりました。
紫綬褒章は、学術、科学技術、芸術、スポーツ等の向上発展に尽くした人を対象に授与されるものです。発令は4月29日、伝達式は5月15日に東京で開催される予定です。

神谷室長 第27回塚原仲晃記念賞の受賞が決定

神経情報学研究室の神谷室長が、公益財団法人ブレインサイエンス振興財団による第27回塚原仲晃記念賞の受賞者となることが決定した。受賞対象は「脳情報デコーディング法の開発」で、本賞は生命科学の分野において独創的な研究を行なっている50歳以下の研究者が対象となっている。詳細は次の財団のホームページをご参照。
http://www.bs-f.jp/tsukahara_title.htmlOK

Ganesh研究員、Best Paper Awardを受賞

5月17日 Ganesh Gowrishankar研究員は、IEEE Transactions on Roboticsの趣旨にそった最も優れた論文(年間1本)に送られる 2011 King-Sun Fu Memorial IEEE Transactions on Robotics Best Paper Awardを受賞した。受賞対象論文は以下の通りで、第一、第二著者は同等の貢献度(論文中にも記載有)。

C. Yang, G. Ganesh, S. Haddadin, S. Parusel, A.A. Schaeffer, E. Burdet: Human-Like Adaptation of Force and Impedance in Stable and Unstable Interactions, IEEE Transactions on Robotics, Vol.27, No.5, pp.918-930 (2011).  The first two authors contributed equally to the work.

川人所長、立石賞特別賞を受賞

川人所長が、「脳神経科学と情報工学の融合によるBMIの研究開発における多大なる貢献」と題し、立石賞特別賞を受賞することとなりました。表彰式、記念講演会は5月24日で、一般に公開される予定です。
立石科学技術振興財団によるニュースリリース
http://www.omron.co.jp/press/2012/04/c0406.html

松原客員研究員、玄客員研究員、森本室長、計測自動制御学会 学術奨励賞研究奨励賞を受賞

松原客員研究員、玄客員研究員、森本室長らは、計測自動制御学会主催の研究発表会にて優れた内容の学術研究報告を行った者に贈呈される計測自動制御学会 学術奨励賞研究奨励賞を受賞した。受賞対象は 「個性を考慮したオンライン運動予測:周期的・離散的な全身運動への適用」第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会のもの。

川鍋主任研究員、日本神経回路学会論文賞を受賞

川鍋主任が共著となっている以下の論文が、日本神経回路学会論文賞を受賞しました。
Sugiyama M, Kawanabe M, Chui PL: Dimensionality reduction for density ratio estimation in high-dimensional spaces.Neural Networks, 23(1):44-59 (2010)

間島学外実習生、平成23年度NAIST優秀学生に選ばれる

間島慶さん(DNI学外実習生)が、学業において特に優秀であるとして、平成23年度奈良先端科学技術大学院大学優秀学生に選ばれました。

松原客員研究員ら SI2010優秀講演で表彰

松原客員研究員、玄客員研究員、森本室長らの第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会における講演「個性を考慮したオンライン運動予測」が、優秀講演賞として表彰されました。

Oztop, Kawato, Arbibの論文がNeural Networks Most Cited Article 2006-2010として表彰

Oztop E, Kawato M, Arbib M:Mirror neurons and imitation: a computationally guided review. Neural Networks, 19, 254-271 (2006).が、2006-2010年にNeural Networks誌に掲載された論文のうち、最も引用された論文Top10として表彰されました。Top10の詳細はNeural Networks誌のホームページでご覧頂けます。

柳澤客員研究員、福間学外実習生、神谷室長らの発表がICCN2010にてYoung Investigator Award受賞

柳澤琢史客員研究員、福間良平学外実習生、神谷之康室長らの発表が、29th International Congress of Clinical NeurophysiologyにおいてYoung Investigator Awardを受賞

Yanagisawa T, Hirata M, Saitoh Y, Kishima H, Goto T, Fukuma R, Yokoi H, Kamitani Y: Real-time and training-free control of a prosthetic arm using human electrocorticograms, International Congress of Clinical Neurophysiology (29th ICCN2010)

2010年日本神経回路学会論文賞3件受賞

兼村研究員、石井室長 日本神経回路学会論文賞受賞

A. Kanemura, S. Maeda, & S. Ishii,“Superresolution with compound Markov random fields via the variational EM algorithm,” Neural Networks, vol. 22, no. 7, pp. 1025—1034.

外山招聘研究員、小林客員研究員 日本神経回路学会論文賞受賞

Ken-ichi Okada, Keisuke Toyama, Yuka Inoue, Tadashi Isa and Yasushi Kobayashi “Different Pedunculopontine Tegmental Neurons Signal Predicted and Actual Task Rewards.” Journal of Neuroscience, 29, no.15, 4858-4870, 2009.

下川研究員、外山招聘研究員 日本神経回路学会論文賞受賞

S. Shinomoto, H. Kim, T. Shimokawa, N. Matsuno, S. Funahashi, K. Shima, I. Fujita, H. Tamura, T. Doi, K. Kawano, N. Inaba, K. Fukushima, S. Kurkin, K. Kurata, M. Taira, K. Tsutsui, H. Komatsu, T. Ogawa, K. Koida, J. Tanji, and K. Toyama, “Relating neuronal firing patterns to functional differentiation of cerebral cortex”, PLoS Computational Biology 5(7) (2009) e1000433.

Finalist of the IEEE ICRA Best Paper & Video Award in Cognitive Robotics

2010年5月3日
Gowrishankar Ganesh, Alin Albu-Scha¨ffer, Masahiko Haruno, Mitsuo Kawato, Etienne Burdet
Finalist of the IEEE ICRA Best Paper Award in Cognitive Robotics
Biomimetic Motor Behavior for Simultaneous Adaptation of Force, Impedance and Trajectory in Interaction Tasks

Song-Ho Hyon
Finalist of the IEEE ICRA Best VideoAward
From Compliant Balancing to Dynamic Walking on Humanoid Robot: Integration of CNS and CPG

Hiruma-Wagner Award受賞

2010年2月25日
神谷之康室長
Hiruma-Wagner Award
光科学技術研究振興財団
「Higher Function of Brain: Decoding Perception and Intention from Human fMRI Signalの研究」

映文連アワード2009部門優秀賞

2009年12月2日(表彰)
JST-ICORP計算脳終了報告ビデオ
社団法人映像文化製作者連盟「映文連アワード2009」部門優秀賞

2009年度大川賞受賞

2009年10月5日
川人光男所長
2009年度大川賞受賞
「脳の情報処理機構解明のための脳科学とロボット工学を融合させた独創的な研究」

大川財団のホームページ

2009年度日本神経回路学会論文賞

2009年9月25日

宮脇陽一研究員他
2009年度日本神経回路学会論文賞
「Visual Image Reconstruction from Human Brain Activity using a Combination of Multiscale Local Image Decoders」Neuron, vol.60, 915-929 (2008)

平成21年度日本神経科学学会奨励賞受賞

2009年9月16日

神谷之康室長
平成21年度日本神経科学学会奨励賞
「脳の活動から心の状態を解読する世界トップレベルの研究に対して」
日本神経科学会のホームページ

電波の日 総務大臣表彰受賞

2009年6月1日

川人光男所長
電波の日 情報通信月間 総務大臣表彰(個人)受賞
「考えるだけでロボットを制御するブレイン・マシン・インタフェースを世界で初めて開発」

Intermedia-globe SILVER受賞

2009年5月13日

JST-ICORP計算脳終了報告ビデオ
ワールドメディアフェスティバルにてIntermedia-globe SILVERを受賞
World Media Festival

第1回関西スクエア賞受賞

2009年4月9日

2009年4月9日 朝日新聞
神谷之康室長 第1回関西スクエア賞受賞
関西を拠点に学術、文化芸術、経済、芸能、スポーツ、市民活動などの分野で活躍する若い才能に対して贈られる賞
脳活動の分析から見ている文字や図形を再現することに成功、これらの研究に対して表彰。

第17回中山賞奨励賞受賞

2008年9月23日

田中沙織研究員
第17回中山賞奨励賞 受賞
「時間遅れを伴う報酬に基づく意思決定の脳内機構の解明」

日本心理学会国際賞奨励賞受賞

2008年9月20日

今水寛室長
日本心理学会国際賞奨励賞 受賞
「道具を使うスキルの獲得と切り替えを可能にする脳のメカニズム」

日本ロボット学会研究奨励賞受賞

2008年9月10日

玄相昊室長代理
日本ロボット学会研究奨励賞 受賞
「冗長自由度を有する脚式ロボットの実用的な接触力制御手法とバランズ制御への応用」

第7回船井業績賞受賞

2008年9月3日

川人光男所長
第7回船井業績賞受賞
「脳の情報処理機構解明への多大な貢献と、その情報通信への応用」

BIOMAG2008 Young Investigator Award 受賞

2008年8月28日

下野連携実習生、山田洋平連携実習生
BIOMAG2008 Young Investigator Award 受賞
「Single -trial Classification of Object Category Perception」

The Gabor Award (International Neural Networks Society) 受賞

2008年6月4日

川人光男所長
The Gabor Award (International Neural Networks Society) 受賞
「Recognizes achievement in engineering and application」

IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter, Young Researcher Award (YRA)受賞

2008年3月13日

松原崇充連携研究員
IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter, Young Researcher Award (YRA)受賞
「The Policy Gradient On The Average Reward Manifold」

International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2007),Best Paper Award受賞

2007年11月15日
David W. Franklin, Udell So, Rieko Osu, Mitsuo Kawato
International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2007),Best Paper Award
「Conflicting Visual and Proprioceptive Reflex Responses during Reaching Movements」

日本神経回路学会論文賞受賞

2007年11月15日
春野雅彦主任研究員、川人光男所長
日本神経回路学会論文賞 受賞
「Heterarchical reinforcement-learning model for integration of multiple cortico-striatal loops; fMRI examination in stimulus-action-reward association learning」

APNNA(Asia Pacific Neural Network Assembly) Outstanding Achievement Award 受賞

2007年11月15日

川人光男所長
APNNA(Asia Pacific Neural Network Assembly) Outstanding Achievement Award 受賞
「Achievements in the research of Neural Networks」

第21回塚原仲晃記念賞受賞

2007年9月10日
銅谷賢治室長
第21回塚原仲晃記念賞 受賞
「行動学習の計算理論と脳内機構の解明」

2006 Neuroscience Research Excellent Paper Award 受賞

2007年9月9日

川脇大研究員、銅谷賢治室長、川人所長
2006 Neuroscience Research Excellent Paper Award 受賞
Kawawaki D, Shibata T, Goda N, Doya K, Kawato M: Anterior and superior lateral occipito-temporal cortex responsible for target motion prediction during overt and covert visual pursuit. Neuroscience Research, 54, 112-123 (2006) .

第3回日本学術振興会賞受賞

2007年3月2日

銅谷賢治室長
第3回日本学術振興会賞を受賞
「脳の回路と分子機構への計算理論的アプローチ」

Artificial Life and Robotics Best Paper Award受賞

2007年1月26日

Vrad Trifa, Lewis Girod, Travis Collier Daniel T. Blumstein, Charles E. Taylor
Artificial Life and Robotics Best Paper Award受賞
「Automated wildlife monitoring using self-configuring sensor networks deployed in natural habitats」

日本神経回路学会研究賞受賞

2006年9月20日

神谷之康研究員(現 主任研究員)
日本神経回路学会研究賞受賞
「脳情報復号化とマインドリーディング」

日本神経回路学会論文賞受賞

2006年9月20日

鮫島和行、上田康雅、銅谷賢治室長、木村實
日本神経回路学会論文賞受賞
「Representation of action-specific reward values in the striatum.」

IEEE関西支部学生研究奨励賞受賞

2006年2月14日

松原崇充連携講座生
IEEE関西支部学生研究奨励賞受賞
「Learning sensory feedback of CPG with policy gradient for biped locomotion」

Scientific American 50 に選出

2005年11月7日

神谷之康研究員(現 主任研究員)
Scientific American 50 に選出
「Research leaders in neural imaging, Decoding the visual and subjective contents of the human brain」

日本神経回路学会研究賞受賞

2005年9月21日

田中沙織連携講座生(現研究員)、N. Schweighofer、旭修司、岡本泰昌
日本神経回路学会研究賞受賞
「セロトニンが異なる時間スケールの報酬予測に関わる線条体の活動を制御する」

日本神経回路学会論文賞受賞

2005年9月21日

中西淳研究員、Stefan Schaal
日本神経回路学会論文賞受賞
「Feedback error learning and nonlinear adaptive control」

日本神経回路学会論文賞受賞

2005年9月21日

佐藤雅昭主任研究員(現 所長)、吉岡琢研究員、梶原茂樹、郷田直一、銅谷賢治室長、川人光男所長
日本神経回路学会論文賞受賞
「Hierarchical Bayesian estimation for MEG inverse problem」

日本神経回路学会論文賞受賞

2005年9月21日

田中沙織連携講座生(現研究員)、銅谷賢治室長、岡田剛、岡本泰昌、山脇成人
日本神経回路学会論文賞受賞
「Prediction of immediate and future rewards differentially recruits cortico-basal ganglia loops」

情報通信月間推進協議会会長表彰志田林三郎賞受賞

2005年6月1日

川人光男所長
情報通信月間推進協議会会長表彰志田林三郎賞
「小脳の運動制御と高次認知機能における共通原理の解明」

第58回中日文化賞受賞

2005年5月31日

川人光男所長
第58回中日文化賞受賞
「脳科学研究とロボット技術への応用」

日本臨床神経生理学会奨励論文賞受賞

2004年11月18日

大高洋平客員研究員、大須理英子主任研究員、道免和久、千野直一、川人光男所長
日本臨床神経生理学会奨励論文賞受賞
「効果器の変化にたいするヒトの適応」